Tokyo Yokohama Accounting

We have been providing the high level consulting services of Accounting, Tax, Audit, and Consulting to a lot
of companies since September 2005.We have the confidence in offering high quality services such as
Accounting, Tax upon a variety of demands by clients.

クラウド会計ソフトfreeeフリー

IPO

多くの課題を乗り越えて、株式公開を果たそうとする経営者をサポート致します。主幹事証券や監査法人の選定、各種法令に準拠した体制作り、必要とされる内部統制の構築等、多岐にわたる事項に対応致します。

・株式公開(IPO)とは

株式公開は、英語ではInitial Public offeringと表され、略して、IPOと呼ばれています。IPOとは、会社が発行する株式を取引所で売買できるようにすることです。 日本における代表的な取引所は東京証券取引所であり、東証一部、二部、マザーズ、JASDAQと、規模や特性等から市場が分類されています。これらの市場に公開された株式は、原則自由に売買することができます。


・株式公開することのメリット

株式を公開することのメリットは多種多様です。

  • 投下資本の回収を図ることができる
  • 返還義務のない多額の資金を調達できる
  • ビジネスチャンスの増加
  • 知名度や信用力やブランドイメージの向上
  • 優秀な人材の獲得
  • 経営者や従業員が資産形成を図ることができる、など

・株式公開のために必用な作業

株式公開を果たすためには、多くの作業が必要となります。
会社法や金取法等、コンプライアンスに留意しながら、公開に向けた作業を進めて行かなければなりません。専門的かつ高度な知識が必要になると共に、組織に属する人員のレベルアップ、社外から優秀な人材を獲得する等、様々な対応が必要になります。

  • 事業計画の策定
  • 公開準備担当者の選任
  • 資本政策の策定
  • 組織体制の見直し
  • 各種規程の整備
  • 内部統制の構築
  • 株主名簿管理人の設置
  • 主幹事証券の選定
  • 監査法人の選任、など

・株式公開のためのコスト

 代表的なコスト例

監査法人
監査報酬として年間約1000万円
株主名簿管理人
事務代行手数料として年間約60万円
主幹事証券会社
コンサルティング報酬として年間約300-1000万円
IPOコンサルタント
資本政策等コンサルティングとして年間約200-300万円
証券取引所
上場審査料として年間約100-200万円(新興企業)

  *金額は概算額です。実際の金額とは異なります。

      

・当事務所におけるサポート体制

弊事務所では、株式公開に向けたショートレビューや、資本政策から組織体制の構築支援、管理会計導入、決算早期化、社内研修等のコンサルティングを実施しております。また、監査法人や証券会社等の紹介も行っております。

株式公開を一つの目標としている経営者の皆様、ご相談だけでも承っております。
お気軽にご連絡ください。

 TEL:045-520-7900
 MAIL:info@tokyo-yokohama-accounting.com