Tokyo Yokohama Accounting

We have been providing the high level consulting services of Accounting, Tax, Audit, and Consulting to a lot
of companies since September 2005.We have the confidence in offering high quality services such as
Accounting, Tax upon a variety of demands by clients.

クラウド会計ソフトfreeeフリー

M&A

会社の合併や事業の譲渡、あるいは事業承継のツールとして、環境の変化に、ダイナミックかつ柔軟に対応するためのスキーム作りから、株式の評価及び実際の諸手続きまで、会社法や税法を鑑み、ベストな方法をご提案させて頂きます。

・M&Aとは

M&Aは激変する外部環境に柔軟に対応するための強力な手法です。
ノウハウやブランドを外部から購入することによって、迅速な事業展開を可能にする、あるいは事業ポートフォリオを見直し、相互に関連性が薄い事業については売却し、資本効率を向上させる、 事業承継を行うにあたり、選択肢の一つとしてM&Aを加える等、活用如何によってビジネスに大きな違いをもたらします。

・中小企業がM&Aを活用するメリット

非公開企業は、株式の売買を上場企業のように自由に行うことができません。
起業した経営者は、株式譲渡により自らが保有する株式について、 投下資本の回収を図ることが実質的に不可能であり、いつまでも引退することが出来ないという状況に陥ってしまいます。
そうした状況を回避するための手法として、M&Aは有効な手法です。従業員や事業を守り、経営者が払ってきた努力が報われる。そうした可能性をM&Aによって高めることが期待できます。

・M&Aのために必用な作業

会社や事業の売買を実際に行うためには、会社や事業を適切に評価し、その価値を算出する必要があります。一般に、こうした手続きは、デューディリジェンスと呼ばれ、財務のみならず、法務に関する事前調査も行われることもあります。
買う側にとって、投資の採算計算は重要な側面を有しているのは言うまでもなく、リーガルな面においてもコンプライアンス状況を確認しておくことは、将来生じうるリスク回避の点で、とても重要になります。

・M&Aのスキームの重要性

M&Aを行うにあたって、必要となる資金をどのように調達するか、M&Aによって生じる税金等のコストを最小にするためには、どのような方法を適用するのが良いか、ファイナンス手法や各種法令を吟味し、より有利な方法を選択する必要があります。
望ましい判断を行うためにも、専門的な知識や経験を有する当事務所を是非ご活用下さい。